kawaii

こんにちは。ドワンゴジェイピーストアです。

最近、動物に関するニュースが巷をにぎあわせていますね。

アメリカの動物園でのゴリラに関するニュースであったり、

国内最高年齢のアジアゾウである「はなこさん」に関するニュースであったり。

もう、巷は動物ネタで一色です。

そこで、今回は動物の値段について調査してみました。

完全に個人的な興味です。

みなさん、動物園ってどれくらいの種類、何頭位の動物がいるかご存知ですか?

上野動物園では約400種類、3,000点の動物を飼育していようです。

これを念頭に置いたうえで動物の価格を見ると、

動物園の入館料がなんて良心的な設定になっているかがわかります。

さて、それではざっくりと動物の値段をご紹介していきます。

◆コアラ

コアラ

無料

なんと、コアラは基本的的には無料です。

ただ、主食とするユーカリを輸入したりしなければならず、

年間の維持管理費としては800万円~1200万円ほどかかるといわれています。

かわいい顔して、なかなか手のかかるやつですね。

◆ニホンザル

ニホンザル

約15万円~

ニホンザルに関しては特別許可を取得すればペットとしても飼育ができます。

ただ、条件などがきびしいので、実際に飼うことはなかなか難しいようです。

◆ライオン

ライオン

約45万円~

思ったよりもリーズナブルな価格ですね。

数が多いということ、子供の時に輸入すれば、輸送費も安く済むため、この程度の価格で済むようです。

高級な犬や猫と同じくらいの価格でしょうか。

◆ナマケモノ

ナマケモノ

約60万円~

ナマケモノは、1日20時間ほど睡眠をとるといわれております。

排泄等も週に一度程度。

1日に必要なエサは8g程度の葉っぱのみです。

とてもエコな動物ですね。

◆トラ

トラ

約500万円~

1日40kg程度の肉類を食すトラですが、1日のえさ代は3000円~4000円程度で済むようです。

100gあたり10円の肉っていったい何の肉なんでしょうかね。

気になるところです。

◆サイ

サイ

約1200万円~

シロサイは約1200万~ですが、希少価値の高いクロサイになるともっと値段は高騰します。

◆キリン

キリン

約1300万円~

血統によって違いは出るようですが、輸送費が高いため、なかなかいい値段となっております。

◆ゾウ

ゾウ

約3000万円~

なんと価格は3000万オーバー。

輸送のコストが大部分を占めているのでこの値段になっています。

そりゃそうですよね。

なんていったってでかいですものね。

ちなみに、ゾウは1日に150kg程度の食料と100リットル程度の水を消費するようです。

年間のエサ代は500万を超えるようです。

◆ゴリラ

ゴリラ

約8000万円~

まさかの5000万オーバー。

高いですね。

とても高いです。

生息地域の紛争などにより、個体数が減ったために価格が高騰しているようです。

◆パンダ

パンダ

約4000万(1年間のレンタル料)

年間レンタルで4000万、現在上野動物園にいるパンダは2頭で10年契約となっているので、

10年で8億円。

8億円。。。

しかもレンタルです。

ここまでくると、なかなかしびれる価格帯になってきますね。

ちなみに輸送費に5000万円弱、パンダ舎の改装費が9000万円ほどかかっているようです。

毎日の食費は1頭当たり1万5000円程度となかなかの暮らしをしているようです。

まとめ

動物の価格は生息数×入手難易度×飼育難易度で決まります。

そのため、絶滅危惧種などは総じて高価になってきます。

また、国内に生息していない動物に関しては輸送費などもかかりますので、比較的高い値段となります。

1000円以下で楽しめる動物園ですが、動物を集めるためには相当なコストがかかっています。

そう考えると、とても良心的な価格設定になっているがわかります。

今の季節、気温もちょうどよく外に出ると、とても気持ちのよく過ごせますので、

たまには動物園に足を運んでみてはいかがでしょうか?

とてもいい気分転換になると思います。

動物園になんて行っている暇がないよという人のために、

ドワンゴジェイピーストアではロボピース® ココロのスイッチONキーパー♪を販売しております。

こがあれば、動物園に行かなくとも、気持ちの切り替えをスムーズにできるかもしれませんよ。

楽しい気持ちにスイッチON♪
OFFは充電☆